人生選択の決断サイト

INFORMATION

就職関連

誰もが学校を卒業して「自分が将来においてどのように生きていくのか?」について

 

悩み始める。最初から天職に出会えた人は幸運だろう。

 

未熟な自分が決断を迫られる最初の関門が就職だ。

 

 

今、大学生の新卒でさえ就職できない大変な時代だ。

 

JAL(日本航空)でさえ舵取りができない。少子高齢化で購買力や消費の力も落ちていく。

 

その時代で有利に自分を持っていくために自分の価値を上げようと新卒大学生は燃えている。

 

それはまず、TOIECのスコアだろう。

 

英語教材NO1を紹介したい。

 

 


.TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法。

 

 

 

最近、急に売れ始めた教材なので併せて紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

まだ、パソコンの技術を身につけていない人はワード、エクセル、パワーポイント位はできないと就職できないだろう。

 

できて当たり前の時代だから早急に身につけるべきだと思う。

 

就職活動は高度な情報戦だと思う。


 



 

 

 

 

 

 


第2新卒の就職と社員の就職情報サイト

現在のような不況下の状況ではなかなか内定がもらえないケースも多いと思う。

 

 

そして日本のシステムでは年齢は大きな大きなハンデになっていく。なかなか決まらないと焦る。

 

 

その場合にもお金は毎日消費することになる。だんだん妥協していくことになる。

 

 

背に腹は代えられない場合に利用しても良いだろうと思う。

 

 

 




 

 

 


就職事情

 

 

就職の最大のネックは年齢だろう。年齢の壁は大きいよ。

 

働きたくても門前払い、つまり老人扱いされるよね。だから天職が見つかった人はいいよね。

 

中途半端に失敗が最悪だと思う。よく考えて動いてくださいね。

 

 

 


EQ英会話

 

 

 

 

 

 

 

 


派遣系

中高年のフリーター問題が今、大きな問題になっている。

 

これは、甘い考えをしていると自分もその中に簡単に飲みこまれて

 

しまう社会だということになる。

 

 



 

 

 

 


就職活動の塾

就職活動の塾は必要な教育だろう。なぜなら日本は年齢制限がきつく

 

一定の年齢を超えると極めて条件が悪くなる。

 

直面したらわかる。できれば読者がハローワークに通うことのないことを祈る。

 





 

 


リクルートの看護師サイト

リクルートの広告だけあってこの不景気な時代にすぐにでも飛びつきたくなる

 

ようなインパクトだなと思う。人間は命に換えることはできないという意識がある

 

ので安定を求めるにはいい業界だと思う。

 

また、ほとんどの人が何らかの病気をするのでリピート性もあると言える。

 

医療系の転職には魅力があるかも知れない。

 

 



 

 

 


海外就職

ご存知のように日本の景気は不透明であり、非正規労働者が1800万人もいる。

 

 

日本に見切りをつけて海外に移住する人も増えているようだ。そういった思い切った

 

 

決断の出来る人に日本の寿司が影響しているとは思わなかった。

 

 

世界中どこでも構わないとう人は考えて見てもいいかも知れない。

 

 

 



 


ナース人材センター

 

メディカル系の求人は今が旬じゃないかな?

 

「超高齢化社会」に向けてすでに準備中なんだろうね。

 

 



 

 

 


歯科衛生士の就職

世間が不景気になれば倍率が上がるものが3つある。それはセンター試験、

 

 

資格試験、国家試験の3つである。ほとんどの人が不景気になって初めて

 

 

資格の必要性を感じて動き出すために多くの人は結果的に一番倍率の高

 

 

い時にチャレンジすることになる。難しい資格ほど価値があり、取得するのに

 

 

 

犠牲にするものも大きい。子供のいる家庭でも理系は文系より就職がいいから

 

 

と言って早い時期から理系の方向に進ませる準備をしている。将来を見通す家

 

 

 

庭の準備は早いと思う。以下は歯科衛生士の求人サイトである。

 

 



 

 

 


求人のタイミング

就職しようとして自分の棚卸をして見ると何も自分のセールスポイントが

 

ないことに気がつく。そして急いで自分の武器を探し始める。

 

もう1度、学校に通学し始める。これはよくあるケースだと思う。

 

企業にとって人件費というのはものすごい高価な固定費となり、いったん

 

採用すると莫大な人件費が1人につきかかることになる。だから、不況に

 

なると「価値ある人材」しか不要と言うことになる。

 

自分自身の価値を高めて欲しい。以下のサイトも参考にして欲しい。

 



 


INFORMATION